【折りたたみ自転車の選び方〜おすすめ・人気の折りたたみ自転車〜サイトマップ〜】

1.トップページ(折りたたみ自転車の選び方〜おすすめ・人気の折りたたみ自転車)

1.折りたたみ自転車が必要?
2.折りたたみ自転車良い点は?
3.不便な点は?
4.折りたたみ自転車の選び方
5.タイヤサイズの選び方
6.重さで選ぼう
7.メーカーで選ぼう
8.便利なアイテムは?
9.人気の折りたたみ自転車を使いこなそう、楽しもう。
※.補足

【はじめに・・・】        〜人気の折りたたみ自転車での生活をおすすめします〜

  通勤に、レジャーに、いざという時の為に、お気に入りの”折りたたみ自転車”を手に入れよう。

  自転車のジャンルの中でも、唯一、携帯性・コンパクトを追求したものが”折りたたみ自転車”です。
  通常の自転車に乗ったことがあるけれど、折りたたみ自転車に乗ったことが無い方も多いのではないでしょうか。

  折りたたみ自転車は、携帯性や収納を優先すると、乗り心地が悪くなってしまいますし、
  乗り心地を優先すると、大きくなり、重くなってしまいますので、選定に関しては、バランスが重要になります。

  このサイトでは、初めての方でも、失敗して後悔しない様に、選び方について紹介します。
  目的に合わないものを購入すると、後悔の元になりますので、自分の目的に合ったものを選びたいですね。
  また、おすすめの折りたたみ自転車や人気のもの、デザインの楽しいものも紹介できればと思います。

  お気に入りの折りたたみ自転車をゲットして、通勤に、レジャーに使いたいですね。

1.折りたたみ自転車が必要?

  折りたたみ自転車を購入する前に、まず、折りたたみ自転車が必要かどうか考えてみましょう。
  良い点も悪い点も理解せずに、ただ、『安かったから』で購入すると、後悔することになります。
  (私は、それで失敗しました。…安いだけで購入して、錆びてしまい、重くて使い難く、最終的には買い換えてしまいました)
  自転車は、スピードが出るものです。自分の体を預けても安心のものを選びたいですね。
  そして、現在はコンパクト自転車も人気です。用途に合わせて選ぶことを、おすすめします。

2.折りたたみ自転車の良い点は?

  『コンパクトに”折りたたむことができる”』・・・これに尽きます。
  では、この利点はなんでしょうか。
    ・自転車置き場が無い時に、玄関や物置など、コンパクトに収納することができる。
    ・レジャーなどで使用したい時に、車に載せて運ぶことができる。
    ・自転車で出かけた際に、いざとなったら、折りたたみ、電車で帰ってくることとができる。
    ・家の中に収納し易い為、盗難や雨ざらしなどに遭う事が無い。
    ・勤務先に自転車置き場は無いが、折りたたむことで、収納可能なスペースがある。
  のように、機能的には上記のような利点があります。
  また、タイヤが小さく、スタイリッシュなので、デザインが好きという方もいるかもしれません。

3.折りたたみ自転車の不便な点は?

    ・折りたたむ機構がある為、同サイズの自転車と比較して、重い・高い。
    ・タイヤが小さいため、乗り心地が悪く、長距離の移動には向いていない。
    ・タイヤが小さいため、スピードを出し難い。アップダウンが疲れる。
    ・重たい折りたたみ自転車は、持ち運びが不便。
    ・持ち運びできる為、きちんと管理しないと、盗難の危険性がある。
  のように、不便な点もあります。
  不便な点も理解して購入しないと、『こんなはずじゃなかった・・・。』と
  後悔することになるかもしれませんので、目的を考えて選ぶようにしましょう。

4.折りたたみ自転車の選び方

  折りたたみ自転車を購入する目的は、それぞれかと思いますが、共通していることが
  『コンパクトに収納したい』 『持ち運びたい』 ということだと思います。

  使用頻度や目的によって、選ぶポイントも異なりますが、選び方のポイントは、
   @『タイヤサイズ』&『収納サイズ』
   A『重さ』&『携帯性』
  が、一番重要なポイントです。

  もちろん、デザインや値段も重要なことだと思いますが、
  まずは、用途に合わせ、タイヤサイズ(=収納サイズ)を選び、次に重さを選びましょう。
  私は、”値段が安い”だけで選んでしまい、失敗してしまいましたので、注意して頂きたいです。

  それぞれ、選び方について、詳細ページ(リンク先)で紹介しています。

5.タイヤサイズを選ぼう

  タイヤサイズは、大きい方が乗り心地も良く、走行性も良くなります。
  しかし、大きくなると収納性が悪くなってしまいます。
  サイズとしては、大きいもので26インチ、標準で20インチ、小さいもので14インチなどです。
  目的(持ち運び?収納?長距離を走る?レジャー用?)に合わせて、選ぶようにしましょう。

    ⇒折りたたみ自転車のタイヤサイズの選び方(詳細はこちら)

6.重さで選ぼう

  通常の自転車は、持ち上げることも無く、タイヤで転がしますので、重さに関して
  それほど、気を使う必要はありませんが、折りたたみ自転車は違います。

  車への積み込み、電車への持ちこみ、アパート2階への持ち運びなどある場合は、
  多少予算オーバーとしても、アルミ製の軽量タイプがおすすめになります。

  重い(鉄製)のものは、値段は安価になりますが、持ち運びが少ない場合のみの選択をおすすめします。

    ⇒折りたたみ自転車、重さの選び方(詳細はこちら)

7.メーカーで選ぼう

  人によって、使い方は異なると思いますが、折りたたみ自転車は、普通の自転車よりも
  使用頻度が少なくなりますが、長期間所有して楽しむものです。

  過去に安い折りたたみ自転車を所有しましたが、錆が発生してしまい、また重かった為に、使用機会が減り、
  結局は粗大ゴミになってしまいました。(結局、軽いものを新たに購入し直しました。…それはお気に入りになってます)

  また、折りたたみ機構がついている為、通常の自転車と比べて、安全性も考慮する必要があります。

  よって、きちんとした自転車メーカのもの(自分が納得できるメーカ)を選ぶことをおすすめします。
  尚、メーカは、自転車メーカ、自動車メーカ、アウトドアメーカ、専門メーカなどなど、非常に多くあります。

    ⇒折りたたみ自転車、メーカーの選び方(詳細はこちら)

8.便利なアイテムは?

  折りたたみ自転車、最大の特徴は、折りたためることです。
  電車に持ち込む場合は、”3辺の和が250cm以下、重さ30kg以下”など決められており、
  カバー(バック)に入れることが必須となっています。
  (よって、スラムダンクで桜木花道が自転車を電車に持ち込んだようにするのはNGです・・・。)

  カバーやバックなど、折りたたみ自転車で、準備しておくとと嬉しい、便利アイテムを紹介します。

    ⇒折りたたみ自転車の便利アイテムの選び方(詳細はこちら)

9.人気の折りたたみ自転車を使いこなそう、楽しもう。

  お気に入りの・軽量の・デザインの良い、折りたたみ自転車を持つと行動範囲が広がります。
  今までは、車で通り過ぎるだけであった、山上湖や高原に、自転車を持ち込みサイクリングをしたり、
  電車で移動し、駅周辺のみの散策であったものが、駅から駅まで散策したり、
  気になっていた、遠い駅付近の川原を走ってみたり。公園でのんびり過ごしてみたり。

  日常の生活から、レジャー先での過ごし方まで、活動の範囲を広げてくれます。

  そんな楽しい折りたたみ自転車ですので、是非、慎重に良いものを選んで欲しいと思います。
  おすすめとしては、軽量(10kg程度)のもので、きちんとしたメーカものです。
  もし、レジャーで使用する場合は、小径(12インチや14インチ)で、8kg程度のものが、おすすめです。

  また、20インチクラスにしても、15kg以上のものは、持ち運びが厳しいです。
  ですので、軽量&錆びに強いアルミ製をおすすめします。

  それでは、自分のお気に入りのものを探して見てください。お互いに、楽しい折りたたみ自転車生活を送りましょう。

  <トップに戻る>
(折りたたみ自転車の選び方〜おすすめ・人気の折りたたみ自転車)


DAHON(ダホン)


STRIDA(ストライダ)


RENAULT(ルノー)
20インチ



17BICYCLE
8インチ



パナソニック


Lamborghini(ランボルギーニ)
20型 アルミ



ブリヂストン
【16インチ 3段変速】


アトール
14インチ

【相互リンク】  ウルトラリンク 銀河リンク 白鳥リンク スカイリンク イズモリンク  クラスターリンク 創造の森 損害保険 パンチャリンク セブンスウェル 通販